blog

2015/05/30 17:10

RayLink Inc. 公式ウェブストア販売責任者の、吉田です。
記念すべき第一回目のブログは

【当店で中古パソコンが再生されるまでの流れ

これをテーマにしてブログを書いていきます。
自分自身もネットショップで買い物をしたりするんですが
やっぱり見えない部分ていうのは不安で気になるものですよね。

例えば
どういう感じで商品の在庫を保存しているのか?
どういう風なクリーニングをしているのか?
動作チェックはどこまでやっているのか?
梱包はどんな感じでやっているのか?

僕個人としては、不安で気になります。
当店では、その不安を無くしてもらうために
しっかり説明していきます。

1.入荷

まだまだ使える中古パソコンが入荷されます。
この状態では汚れもひどく、動作もするかどうかわからない状態です。
パソコンの付属品や、台数などを一つ一つ丁寧に棚入れして、検品します。



2.動作チェック

初期出荷時の状態に戻し、正常に動作するかどうかチェックします。
各種ドライブ類、画面、キーボード、ポインティングデバイス入出力インターフェースなど
専用のチェックプログラムで念入りに動作チェックします。
機械的なチェック以外にも傷や割れ、塗装ハゲなど見た目のチェックと
ハードディスクの異音や放熱ファンの異音が無いかなど
音のチェックも行うトリプルチェック方式を取っております。

※動作チェック中


3.クリーニング

万全の動作チェックにより商品化が可能になったパソコンには、クリーニングをします。
業務用の高性能な清掃剤を利用し、表面についた汚れを綺麗に除去します。
次に、放熱ファン周辺やキーボード周辺を中心に可能なものは分解清掃をします。
仕上げに上拭きし指紋など綺麗に除去した状態で、エアーキャップで密封します。
1台を完全にクリーニングするまで約30分間の時間を要します。

※清掃前
  

※清掃後
  
※エアーキャップ密封後


4.梱包

パソコン専用に特注した2層式の強化ダンボールケース(再生紙利用)に、梱包材として古新聞等を利用しております。
古新聞を1枚1枚丁寧にクシャクシャにしてケースとパソコンの間が
最低5cm以上空くようにすることにより、強化ダンボールケース、古新聞のクッションと
エアーキャップのクッションという3重構造で衝撃や
雨水の浸入を完全にシャットアウトし、運送事故を最小限に抑えます。
不要なゴミを最小限に抑え、お客様に無事届けるために全力で努力しております。

  

こういった流れで当店では
お客様のパソコンを用意させてもらっています。

第一回目のブログはここまでです。
最後まで見ていただいた方々、ありがとうございます。

20,000円以上のご購入で 送料無料!! 期間限定特典

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

お客様が請求書でのお取引(後払い)をご希望される場合もご対応させていただいております。《CONACT》ページのお問合せフォームよりご連絡ください。